クリエイターの仕事は何?未経験で転職するために必要なものとは

ビズデジ編集部

クリエイターと言われる仕事は、デザインなど自分が手掛けて生み出すものが多い職種です。しかしクリエイティブ系の仕事に転職をしたいと思っていも、未経験の場合だと不安も多いのではないでしょうか。本記事では未経験でクリエイター職に転職する際に必要なものについてご紹介します。

クリエイター職の仕事(種類、分野)紹介

クリエイター職には、さまざまな種類や分野があり、業務内容も多種多様になります。

webプログラミング、ゲームプログラミング

プログラマーの職にはwebとゲームのプログラミングなどがあります。webプログラミングとは、webサイトやSNSなどの構築を行う仕事です。HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語と呼ばれるものを使用して、サイトに必要なプログラミングを行っていきます。

ゲームプログラミングも同様で、ゲームの企画や開発など仕事内容も多岐に渡ります。バグを排除しゲームを正常にプレイさせるためにも正確さが問われる重要なポジションです。

プログラマーは、プログラミング以外にもサーバーやネットワークの構築から運用まで、案件によって担当する仕事も幅広く、業務内容もさまざまです。

チームで仕事を進めることが多いため、論理的思考やコミュニケーションスキルなども求められます。

またプログラミングの仕事は人材不足の企業も多く市場価値も高いため、未経験でもスキルを身につければ転職しやすいでしょう。

デザイナー

デザイン職はwebデザイナーとグラフィックデザイナーなどがあります。webデザイナーは、webサイトやバナーデザインの製作を行う仕事です。ホームページや企業のコーポレートサイトに、ECサイトなどのデザインの構築を行います。

企業によって変わりますが、コーディングまでを担当するので、デザインスキルの他にも、HTMLやCSSなどの基本的なプログラミングスキルも必要な仕事です。

グラフィックデザイナーは、ポスターやカタログなど主に印刷媒体のデザインを担当します。パッケージデザインなどもグラフィックデザイナーの仕事になり、ターゲットの購買意欲を高められる訴求力のあるデザインを考えるなど、柔軟な発想力が必要です。

色彩スキルやタイポグラフィに関するスキルも必要ですが、クライアントとの打ち合わせ等も多いので、ヒアリングスキルやマーケティングスキルも身につけると作業も進めやすでしょう。

関連記事

Webデザイナーの仕事内容とは!働きた方と必要なスキルを紹介

映像系

映像職にはカメラマンや映像編集の仕事などがあります。映像カメラマンは、対象を魅力的に撮影するためのアングルや照明など、カメラワーク以外にもセンスを極める必要があり、必要なシーンを臨機応変に動いて映像を収める仕事です。

映像編集の仕事はカメラマンが撮影した素材に、専用のソフトを使用して放送できるように編集する仕事です。映像を活かすために挿入する音楽やテロップなど、芸術的センスや知識も求められます。

どちらも、webやテレビ、CMから映画まで多方面の現場で求められる職種です。働く現場もさまざまで、案件によっては不規則になりがちですが、自分の作品を残せるという面では、やりがいも大きい仕事でしょう。

ライター

ライター職には紙媒体やweb媒体の他にもコピーライティングなどがあります。紙媒体のライターは雑誌やカタログなどの文章を書くのが仕事です。商品写真などがメインのため、文字数も決められています。また媒体を読むターゲット層に合わせた文章構成も必要です。また、印刷後は修正ができないため、誤字脱字には細心の注意が必要になります。

webライターはWebサイトの文章を書く仕事です。必要な情報を求めている多くの人たちにもわかりやすい文章構成や読みやすさなども必要ですが、検索エンジンで上位に表示させるためにSEOの知識もあると重宝されます。

コピーライティングとは商品を宣伝する際に必要な広告のための文章です。購買意欲を高め、商品を購入したくなるような自然な流れを文章で作り出します。業界の動向を知るためのリサーチやマーケティングスキルなども必要とされる仕事です。

関連記事

すぐに始められる?webライター未経験者が知っておくべきポイント

仕事に必要なスキル

クリエイターの仕事をする上で必要なスキルは、職種によってさまざまです。

IT系

 プログラミングスキル

プログラマーやコーダーなどの仕事をするために必要なのが、プログラミングスキルです。スキルアップの方法としては、プログラミング言語を覚えてひたすら書くことです。プログラミングに関する書籍は初心者でもわかるものが多く販売されているため、自分にあったものを選ぶと良いでしょう。また、セミナーや勉強会などへの参加もおすすめです。最新の動向の他にも仲間同士の情報交換などができるメリットもあるでしょう。

 言語紹介

未経験の場合でもHTML5やCSS3などwebサイトの作成に必要な言語は書けるようにしておきましょう。

HTMLとCSSとはサイトの構造と装飾の役割をする言語のため2つでひとつとセットと考えます。

文字やイラストなどサイトに動きを加えたいときに必要な言語がJavascriptです。webサイトの他にもアプリなどの開発にも使用される言語なので覚えておきましょう。

またDreamweaverやWordPressなど、Webサイト制作ツールも使えるようになると仕事の幅も広がります。

クリエイティブ系

デザイナーや映像系の仕事に必要なのは、業務に必要なグラフィックソフトを扱うスキルです。代表的なソフトは以下の4つです。

 Illustrator

Illustratorは主にグラフィックデザインで特に使用するツールですが、webサイトを作成する際にも使用するので、デザイナーを目指す人は未経験であっても、一通りの操作はできることは必須でしょう。

 Photoshop

Photoshopは写真の加工やWebサイトのデザインに使用するソフトです。色彩変更や補正など以外にもイラストやグラフィックアートまで、さまざまなデザインをの制作ができます。

 Premiere Pro・After Effects

Premiere Pro、After Effectsは、映像クリエイターの仕事をする人たちに必要なツールです。Premiere Proは動画の色味の変更やトリミングなどの編集ができます。さらにモーショングラフィックスなど、プロフェッショナルな動きを動画にプラスする際に使用知るのがAfter Effectsになります。Premiere Proだけではなくどちらも使えることで、高度な映像編集ができると証明できるでしょう。

未経験で転職するには?

さまざまなクリエイター の仕事がありますが、未経験で転職をする場合に大切なことは将来のキャリアパスを描くこととスキルの証明になります。

キャリアパスを描く!

未経験でクリエイター職に転職する場合、将来のキャリアパスを描くことはとても大切になります。

例えば、プログラマーは画像のように、経営志向やプロマネ志向、技術を極めてプロフェッショナルの道に進む人もいるでしょう。

キャリアパスを描くことで、将来の目標や身につけていきたいスキルなどが明確になるため、面接でも自分の将来が明確に見えているため、企業側にも転職したい意気込みなども伝わりやすく好印象を残せるでしょう。

スキルの取得

未経験の場合で転職を目指すのであれば、資格などスキルの証明があると持っていない人よりは優位でしょう。

デザイナーを目指すのであれば、IllustratorやPhotoshopの資格などがあると、基礎的なことは未経験でもできると面接でもアピールできます。

また、デザイナーなどのクリエイター系への転職を目指す人はポートフォリオを作っておくのも重要になります。自分が今まで作ってみた作品や、書いた文章などをまとめておくと、作品のセンスやスキルを見てもらうこともできるのでおすすめです。

さらに、IT全般の知識を身につけると仕事の幅も広がり、また転職の際には自分のプラスの強みとして活かすこともできるでしょう。

クリエイター系と分類される職種にはデザイナーからライターなどがありますが、制作するためのスキルがなければクリエイター系の仕事への転職は難易度が高いといえるでしょう。

そのためには転職前から、スキルを磨く必要があります。まずは全体を知るためITビジネススキルから学んでおくのもおすすめです。

まずはお気軽にご相談ください

「まだやりたいか決めていない」
「まずは話を聞いてから考えたい」
という方も大歓迎です。