プランナーの仕事と転職に必要なスキルとは?周りと差をつけるビジネススキル

ビズデジ編集部

様々な業界で企画立案をするのがプランナーという仕事ですが、扱うサービスは企業でそれぞれ異なります。今回はプランナーに転職したい人が知っておきたい業界ごとのプランナーの仕事内容や身につけておきたいスキルなどについてご紹介します。

プランナーの仕事とは

プランナーとは上記でも少し触れましが企画を立案する職業になります。業界それぞれでプランナーの仕事があります。具体的な企画を立案するためには各分野の専門知識やスキルが必要となります。

プランナーの種類と仕事内容

各業界ごとにプランナーの仕事内容が違います。こちらでは各業界ごとのプランナーの仕事内容に関して紹介します。

Webプランナー

「Webプランナー」とは、Webサイトを作成に向けて、顧客の要望や潜在しているニーズなどを聞き出し全体的な企画設計を行います。具体的には、顧客の要望に沿ったWebサイトの設計図となる全体の流れを含めた企画書を作成します。また、企画内容を固めて制作を指揮するWebディレクターへ渡します。

顧客の要望を聞き出し企画としてまとめるコミュニケーション力が必要となります。

ゲームプランナー

「ゲームプランナー」とはプロデューサーの提案したゲームジャンルやターゲット・機種などの市場を見極めてストーリーやキャラクターの設定など内容を企画します。必要なスキルは市場ニーズやターゲットとなる層を見極めるため調査・分析能力が必要となります。

また、デザイナーやプログラマーへ指示をだすこともあるためデザイン・プログラミング知識を学習しているとコミュニケーションが円滑に対応出来ます。

広告プランナー

「広告プランナー」は、顧客の要望を受けて、どんな広告媒体を制作するか企画・立案します。広告媒体の種類(テレビCM・広告・雑誌など)に特化したプランナーや種類にとらわれず幅広く提案するプランナーもいます。広告プランナーは顧客の商品やサービスを理解することそして市場のトレンドを分析したうえで顧客の要望以上の提案をすることが求められます。顧客・デザイナーとのコミュニケーション能力や販売戦略を理解するマーケティング知識が必要となります。

プランナーに必要なスキル

各種プランナーには共通して必要な能力と職種ごとに必要な知識やスキルがあります。ここでは共通して必要な能力と職種により必要なスキルを紹介します。

企画立案能力・マーケティング能力

プランナーは企画立案し顧客の戦略を理解して提案する能力が必要となります。

そのためには以下のようにPDCAサイクルを回すマーケティング知識も必要となります

  • P:顧客の要望・潜在ニーズを基に市場のトレンドとかけ合わせた提案をする
    D:実行するために協力する部署へコミュニケーションをとる
    C:進捗状況を確認する
    A:進捗状況により企画立案の変更、新たな顧客要望を加味する

分析力

企画を立案するためには顧客要望を分析する能力が必要になります。顧客の要望は顧客自身が気づいている顕在ニーズと顧客自身が気づいていない潜在ニーズがあり、分析するプランナーは両方を満たせる提案をするために全体を捉えて分析する能力が必要となります。

プレゼンテーション力

分析・企画立案をしたものを顧客にプレゼンテーションする力もプランナーには必要です。このプレゼンテーションで顧客が納得して企画を任せてもらえるかなど変わってくるので重要な能力になります。

職種により必要な専門スキル

プランナーには上記の必要なスキル以外にも職種により専門知識があることで円滑に仕事を進めることができます。ここではその一部を紹介します。

Webプランナーはデザイナーへ依頼する場合も多く、デザインの知識があると業務が円滑に進むでしょう。どこから勉強をしていいかわからないという方には、「Webデザイン技能検定」がおすすめです。Webデザイン技能検定ではホームページデザインに向けた知識を身に着けることができ、持っていると企画内容や指示が明確になります。

また、HTMLやCSSなどプログラミング言語の知識を知っておくことで同じように仕事を円滑に進めることができます。このことからマーケティング要素だけではなく専門知識を増やすことでプランナーとして企画内容に厚みをまし、より顧客目線にたった仕事ができるため、幅広い知識の習得が必要とされます。

プランナーは顧客のニーズを分析して企画することが必要ある

プランナーには共通して顧客に対して企画立案や分析するスキルやコミュニケーション力が必要となります。またそれらスキル以外にも職種により専門知識を高めることで自分の企画をより顧客や依頼先に納得してもらいやすいといえるでしょう。就職する際にもこれら知識があるかというのは有利に働くため周りと差別化ができるポイントにもなります。

まずはお気軽にご相談ください

「まだやりたいか決めていない」
「まずは話を聞いてから考えたい」
という方も大歓迎です。